いくら定年が延びる傾向にあっても、「60歳定年」という会社は多いですし、
たとえ65歳まで会社に残っても、年収は半分以下というのが現実です。定年
以降は「ヒラ社員」あるいは「嘱託社員」として若年社員に使われる立場にな
ります。
今年の年男である宅の主人は、今まさに、その渦中に居ります。

年金受給開始時期は年々遅くなって65歳ですから、もし60歳で引退したら5
年間の空白期間が生じてしまいます。いくらかの退職金は頂けるでしょう。で
すがそれは年金で賄えない不足分補てんにとっておきたいところです。ただ住
宅ローンと教育費はかからないので、その点だけは幸いです。

退職金をあてにしないとして、ほかにどのくらいの金融資産があるかが問題で
す。我が家の場合、子供の教育費を「子供に残せる唯一の財産」と、かけられ
るだけかけた事が貯蓄額不足?を招いているように思います。一方で子供たち
は自立した社会人に成長し、独立した家計を築いていますから、「子供が不良債
権」という事態には陥らずに済みました…。

年金のみで老後を過ごす場合、3000万円ほどあればなんとか暮らすことが出来
ると聞きますが、退職金でとんとんといったところでしょうか?もし主人が60
歳でやめるなら、3000万+5年分の生活費が必要となる計算です。
年間300万円かかるとしてその5倍ですから1500万円ですか?合計4500万
円?

3000万円だけでも大金です。4500万円ってなったら我が家の場合難しいかも
しれません・・・。

周囲の知人は60歳でリタイアした人も何人かいて、生活費だけならまだしも
医療費や不動産の維持費、税金などプラスアルファーの出費が大きいと嘆いて
います。その上長期間労働で酷使した体が悲鳴を上げ始めるのも定年を迎える
60前後であったりするのです。

若いころから給与天引きで強制貯金はしてきました。株も少しずつ買い足して
きました。それでも最終的に足りるのかを考えると不安です。

もし仮に資産があったとしても、老後を考えるとすべてが不安です。

このはっきりしない不安感は、現在社会独特の物なのでしょうか?